SCHEDULE/RESULT日程/結果

17-18 Wリーグ プレーオフ セミファイナル デンソー VS トヨタ自動車

対戦カード デンソー VS トヨタ自動車
会場 丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)
開催日時 2018年3月24日(土)
TEAM 1st 2nd 3rd 4th OT1 OT2 OT3 TOT
デンソー 26 13 16 24 79
トヨタ 22 26 12 9 69

1Q:両チームハーフコートマンツーマンから試合開始。開始早々デンソー#12赤穂(さ)#8高田のインサイドで得点を重ねる。一方トヨタは#7水島の3Pを皮切りに#2長岡のポストプレー、ミドルシュート#1大神のドライブインなど多彩な攻撃を見せ、7分、9−6とリードする。その後、デンソーは#12赤穂(さ)の連続ミドルシュート#23篠原の3Pなどで得点を重ね、2分、23−15と最大8点差をつける。トヨタはたまらず1回目タイムアウトを請求。メンバーチェンジを繰り返し、オールコートマンツーマンに展開。トヨタは#12三好の3P#33馬瓜(ス)のミドルシュートで追い上げ、終了間際にトヨタ#12三好がリースローを2本とも沈め、26−22と点差を詰めて、第1Q終了。

2Q: 開始早々、トヨタ#2長岡#20近藤#12三好の3連続3Pで28−31と一気に逆転に成功。6分、トヨタはハーフコート1−2−2ゾーンに変更。デンソーにターンオーバーが出る。30−35でデンソーが前半1回目のタイムアウトを請求。タイムアウト後、トヨタはディフェンスをハーフコートマンツーマンに戻し、激しくプレッシャーをかける。デンソーは#8高田がインサイドで奮起するも、トヨタ#20近藤の3P、ミドルシュート、#0馬瓜(エ)のドライブ、#2長岡のパワフルなリバウンドで得点し、徐々に点差がひらいていく。デンソーはなかなかリズムを掴めず、残り3分間で#15稲井の3P1本にとどまる。フリースローを全て決めた、トヨタが48−39と9点差をつけて、前半終了。

3Q: 両チームとも前半と同じスターティングメンバー。ディフェンスも両チームハーフコートマンツーマンで後半開始。トヨタは#7水島#0馬瓜(エ)のミドルシュートで幸先の良いスタートを切る。デンソーは8分、ようやく#8高田のゴール下で得点する。デンソー#15稲井のドライブで加点するも、トヨタ#1大神はすかさずファールをもらいフリースロー、追撃を許さない。6分、45−54デンソータイムアウトを取るがその後、痛いターンオーバーが2本続き45−57と最大12点差がつく。デンソー#13伊集が3Pを決めるもすかさずトヨタ#2長岡が3Pを決め返す。しかし、残り2分デンソーは相手のミスから速攻でのバスケットカウントで追いかける。終盤、デンソー#8高田がミドルシュートを決め、55−60の5点差に詰めて第4Qに繋げた。
 
4Q: デンソーはダブルハイポストからゴール下にスペースを作り、連続で得点。8分#12赤穂(さ)のミドルシュートも決まり、一気に逆転に成功した。しかし、トヨタは#1大神がすかさずトライブで得点する。その後はまさに一進一退の攻防が続く。3分トヨタは全くゴール下での得点はならず、外角シュートの確率も落ちる。その間デンソー#15稲井のドライブが決まり、70−67となったところでトヨタが後半2回目のタイムアウトを請求。1分40秒デンソー#15稲井がミドルシュートを決め、流れを完全に掴む。その後はファールで得た、フリースローを8本中7本沈め、追いすがるトヨタを振り切った。79−69見事な粘りを見せたデンソーが、逆転劇を見事に演じ明日のファイナルに進出を決めた。