日 時:2014年2月16日(日)
大会名:13-14 Wリーグ レギュラーシーズン W
会 場:大館市樹海体育館(樹海アリーナ)
TEAM 1st 2nd 3rd 4th OT1 OT2 OT3 TOT
富士通 16 13 11 20 60
羽田 14 15 18 18 65

主審:清水 幹治
副審:岩田 千奈美/小野寺 浩

1Q:両チームともにマンツーマンディフェンスでスタート。序盤,富士通レッドウェーブはオールコートでプレッシャーをかけ相手のミスを誘う。#45名木のスティールから得点を奪うも,流れをつかむには至らない。一方の羽田ヴィッキーズは#22稲本のカットインやミドルショットで4連続得点,一気に流れをつかむ。反撃したい富士通レッドウェーブは,#7中畑や交代して入った#1三谷の3ポイントや激しいディフェンスから徐々に流れを引き寄せ始める。その後は両チーム一進一退の攻防が続き,16−14で富士通レッドウェーブが2点リードで1Q終了。

2Q:序盤は両チームともに得点が入らず,苦しい展開となった。羽田ヴィッキーズは#52外山のショット,富士通レッドウェーブは#7中畑の3ポイントで加点するも,膠着状態が続く。流れを変えたい羽田ヴィッキーズはタイムアウト後,#22稲本,#52外山,#7小川の3ポイントで一気に得点に成功する。対する富士通レッドウェーブは,#0長岡のミドルショットやインサイドプレー,3ポイントで流れを渡さず,29−29の同点で 2Q終了。

3Q:立ち上がり,前半同様に両チーム一進一退の状態が続く中,羽田ヴィッキーズは#52外山,富士通レッドウェーブは#45名木が得点を奪う。富士通レッドウェーブは激しいディフェンスで流れを引き寄せようとするが,ミスでなかなか流れをつかむことができない。対する羽田ヴィッキーズは残り3分オールコートの2−2−1ゾーンプレスとハーフコートの2−3ゾーンで流れを引き寄せると,#22稲本の3ポイントや#11森本,#9がファウルで得たフリースローにより徐々に差を広げていく。富士通レッドウェーブは羽田ヴィッキーズのゾーンディフェンスを攻めあぐね,40−47の羽田ヴィッキーズ7点リードで3Q終了。

4Q:点差を詰めたい富士通レッドウェーブは,激しいディフェンスでプレッシャーをかけるも,パスミスやヴァイオレーションで得点につなげることができない。羽田ヴィッキーズ#22稲本のカットインや#52外山の3ポイントで連続得点を奪う。反撃したい富士通レッドウェーブはタイムアウト後,#0長岡を中心に攻めると羽田ヴィッキーズ側のファウルが増え,チームファウルが一気に5つに達してしまう。その後,富士通レッドウェーブは#0長岡のインサイドを中心に攻め,一気に差を縮めていく。羽田ヴィッキーズは#13梅澤や#7小川が得点するも,富士通レッドウェーブの追い上げが続いていき,点差が縮まっていく。残り51秒,羽田ヴィッキーズがタイムアウト後,富士通レッドウェーブがファウルゲームを仕掛け逆転を狙うが,羽田ヴィッキーズが確実にフリースローを決め逆転を許さない。残り13秒で富士通レッドウェーブのタイムアウト後#0長岡フォーメーションプレーから得点し,4点差まで詰めるが反撃もここまで,60−65で羽田ヴィッキーズが勝利した。