TOPICSトピックス

2017年9月28日(木)

第19回Wリーグ ヘッドコーチインタビュー vol.5 (シャンソン)

第19回Wリーグ ヘッドコーチインタビュー vol.5 (シャンソン) 第19回Wリーグ ヘッドコーチインタビュー vol.5 (シャンソン)

【シャンソン化粧品 シャンソンVマジック 丁 海鎰ヘッドコーチ】

Q:昨シーズンのことからお聞かせください。
──いい状態で臨めたとは言えません。シーズン終盤にもケガ人が出てしまい残念な結果になってしまいました。ベストコンディションで戦えなかったのが悔やまれます。

Q:クォーターファイナルの富士通戦は競り勝ち、セミファイナルも粘りを見せました。
──富士通戦の3試合目、最後まで諦めずに戦い、勝てたのが大きかったと思います。連敗していた相手ですから、選手たちは自信を持ったと思います。

Q:インサイドの河村選手はいい数字を残したと思いますが?
──まだ万全の状態ではなかったですが、シーズン終盤にかけては良かったです。今シーズンはさらにコンディションが良くなっていますし、日本代表でも経験を積んだので活躍してくれると期待しています。気持ちがずいぶん前向きになりました。

Q:主力が抜けましたが、新人や移籍で加わった選手に期待するところはありますか?
──昨年のスタートから4名いなくなったのは不安材料です。新しい選手たちがすぐに活躍するのは難しいでしょう。チームのバスケットを理解し、自分の役割がこなせるようになるには時間が必要です。これまでのベンチメンバーに頑張ってほしいという気持ちがありますし、新加入の選手たちには早く自分の持ち味が発揮できるよう、しっかり指導してきたいと思います。

Q:我慢のシーズンになりそうですが、ハードなディフェンス、脚を使ったバスケットは同じでしょうか?
──その考えは変わりません。もっといいディフェンスができるように、もっといいバスケットができるように頑張りたいです。

Q:新しい戦力をミックスしながらのチャレンジですね?
──このメンバーでまずは1巡目をしっかり戦いたいと思います。2巡目以降、自分たちの強みを生かせるように。また、課題があれば修正しながらベスト4を目指します。

Q:プレーオフが1発勝負のトーナメント方式になりましたが?
──他のチームはいい選手が入っていますが、新しいやり方だとチャンスがあるかもしれません。そのためにも、レギュラーシーズンの戦い方が重要ですから、何とか上位に入りたいと思います。