TOPICSトピックス

2018年5月1日(火)

第19回Wリーグ表彰者【ベスト5/G】町田瑠唯(富士通)

第19回Wリーグ表彰者【ベスト5/G】町田瑠唯(富士通) 第19回Wリーグ表彰者【ベスト5/G】町田瑠唯(富士通)

いつもWリーグに温かいご声援をいただきありがとうございます。

Wリーグ公式WEBサイト特別企画!
先月閉幕した第19回Wリーグにおける「アウォード」および「リーダーズ」の表彰者へ独占インタビューを敢行!
今シーズンの活躍の裏側にあったそれぞれの思いに迫ります。

「スタッツとして数字に残らなくても、与えられた責任をまっとうできるように」
3年ぶりのベスト5受賞も、悔しさの残るシーズンとなった町田選手。前を向く彼女の今後の活躍に期待がかかります!

──────────

第19回Wリーグ アウォード表彰者コメント

【ベスト5】ガード部門
町田 瑠唯 (富士通レッドウェーブ #10)
※3年ぶり2回目

──ベスト5は3年ぶり2回目の受賞です。前回と比べて、ご自身の気持ちの違いはありますか?
町田(以下、M):正直、驚きました。今シーズンは自分のプレーとしては納得できるものではなかったので「いただいてもいいのかな!?」と、微妙な感覚ですね。

──それはポイントガードとして、チームを勝利に導けなかったからでしょうか?セミファイナル進出を逃してしまったからですね。
M:そうですね、そこが一番です。ポイントガードはチームを引っ張って、勝利に導くことが大事な役目ですから、その点では悔いが残ります。前回受賞の際は、チームはファイナル進出を果たしています。少しは自分の役割が果たせたと感じましたし、自分なりに「成長できた」、そう思えるシーズンだったんです。

──前回の受賞から今回の受賞まで、日本代表でも活躍してきましたが、それはプラスになっていると感じていますか?
M:感じていますね、大きくプラスになっています。日本代表活動では常に目の前に良い目標があるというか、レベルアップできる環境があったと思います。そのプラスになったところを、チームにフィードバックできていればよかったんですが、そこはまだまだでした。チームとして、レベルアップにつなげられればよかったんですが……。

──ご自身としては驚いた受賞かもしれませんが、評価を受けた部分はどのようにお考えですか?
M:アシスト王も3年ぶりに受賞したので、その部分での評価が大きかったのかもしれません。それが、ガード部門のベスト5につながったんだと思います。

──もちろん受賞の喜びはあると思いますが、今後に向けた大きな目標として、ポジション別の受賞や、リーダーズではなくて、「シーズンMVP」「プレーオフMVP」など、勝利チームに与えられる賞がほしいですね?
M:結果がともなえば、そうなるかもしれませんね。ですが……私の考え方がいいのかどうかわかりませんが……あまり個人の賞にはこだわりがなくて、チームが勝てれば一番良いと思っています。そのメンバーの一人として、それぞれが任される役割がありますし、例え自分がどういう役割を与えられたとしても精一杯頑張ることに変わりはありません。スタッツとして数字に残らなくても、与えられた責任をまっとうできるように頑張りたいと思います。チームでもそうですし、日本代表でも同じです。若手選手が伸びていますから、負けられません!


▼第19回Wリーグ アウォード表彰者一覧
http://www.wjbl.org/images/topics/1522051959319.pdf

▼第19回Wリーグ リーダーズ表彰者一覧
http://www.wjbl.org/images/topics/1520760549538.pdf