COMPETITION SYSTEM競技方法

第19回Wリーグ 競技方法

《大会名》
第19回Wリーグ
《主催》
公益財団法人 日本バスケットボール協会(JBA)
一般社団法人 バスケットボール女子日本リーグ(WJBL)
《大会期間》
(1) レギュラーシーズン 2017年10月7(土)〜2018年3月11日(日)
(2) プレーオフ・クォーターファイナル 2018年3月17日(土)〜3月18日(日)
(3) プレーオフ・セミファイナル 2018年3月24日(土)
(4) プレーオフ・3位決定戦 2018年3月25日(日)
(5) プレーオフ・ファイナル 2018年3月25日(日)
《大会フォーマット》
レギュラーシーズン
  • 2017年10月7(土)〜2018年3月11日(日)
    12チームによる3回戦総当たり方式
    (合計 198試合 チームあたり 33試合)
  • <順位決定方法>
    (1)順位は勝率により決定する。
  • (2)2チーム以上が同じ勝率の場合は、下記の順序で順位を決定する。
     ・当該チーム間での対戦試合の勝率
     ・当該チーム間での対戦試合のゴールアベレージ
     ・リーグ戦での全試合のゴールアベレージ
  • (3)ゴールアベレージは得点を失点で割って算出する。
  • (4)レギュラージーズン順位1位のチームをレギュラーシーズン優勝とする。
プレーオフ
  • <クォーターファイナル 2018年3月17日(土)〜3月18日(日) >
    レギュラーシーズン上位8チームによるトーナメント方式(一戦先勝方式)
  • <セミファイナル 2018年3月24日(土)>
    クォーターファイナル勝者4チームによるトーナメント方式(一戦先勝方式)
  • <3位決定戦 2018年3月25日(日)>
    セミファイナル敗者2チームによる(一戦先勝方式)
  • <ファイナル 2018年3月25日(日)>
    セミファイナル勝者2チームによる(一戦先勝方式)
《参加チーム》
JX-ENEOSサンフラワーズ 富士通 レッドウェーブ
デンソー アイリス トヨタ自動車 アンテロープス
シャンソン化粧品 シャンソンVマジック 三菱電機 コアラーズ
トヨタ紡織 サンシャインラビッツ アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス
新潟アルビレックスBBラビッツ 東京羽田ヴィッキーズ
日立ハイテク クーガーズ 山梨クィーンビーズ
《最終順位決定方法》
優勝 プレーオフ・ファイナルの勝者
準優勝 プレーオフ・ファイナルの敗者
3位 3位決定戦の勝者
4位 3位決定戦の敗者
5〜8位 プレーオフ・クォーターファイナルの敗者で、レギュラーシーズン上位チームから順に順位付けする。
9〜12位 レギュラーシーズンの上位チームから順に順位付けする。
《第19回Wリーグ リーダーズ順位決定方法》
(1) リーダーズは、レギュラーシーズンの結果をもって決定する。
(2) 得点・リバウンド・アシスト・スティール・ブロックショットの5部門は、出場した試合のうち1試合あたりの平均値で順位を決定する。
(3) フィールドゴール・フリースロー・3ポイントの3部門は、成功率で順位を決定する。
(4) リーダーズ各部門には、エントリー最低条件が設定され、条件をクリアした選手のみリーダーズに参加資格が与えられる。
(5) 平均値または、成功率が全く同じ場合には、総数または成功数の多い方の順位を上位とし、総数が同じ場合には、同順位とする。
《リーダーズエントリー条件》
得点 330得点以上
リバウンド 165リバウンド以上
アシスト 66アシスト以上
スティール 50スティール以上
ブロックショット 17ブロック以上
フリースロー成功率 成功数が 50本以上
フィールドゴール成功率 成功数が 132本以上
3ポイントシュート成功率 成功数が 33本以上