このページのいちばん上です

-

2016年10月7日(金) 19:00

国立代々木競技場 第2体育館

詳細

-

2016年10月7日(金) 19:00

港区スポーツセンター

詳細

  • 第18回Wリーグは10月7日(金)開幕!

  • 第18回Wリーグは10月7日(金)開幕!

  • 9/1開幕戦チケット発売開始!

  • サマーキャンプ2016(競技強化支援助成事業)

  • サマーキャンプ2016 in 静岡 会場の”このはなアリーナ”

WJBLオールスター2016 in 新潟

SPECIAL INTERVIEW WNBA 2年目の挑戦 渡嘉敷来夢(JX-ENEOS サンフラワーズ)

第18回Wリーグ・ヘッドコーチインタビュー vol.2

2016年9月25日(日)

第18回Wリーグ・ヘッドコーチインタビュー vol.2

新潟アルビレックスBBラビッツ
小川 忠晴 ヘッドコーチ

Q:以前、bjリーグでヘッドコーチを歴任され、女子のトップリーグで指揮を執ることになりましたが? 
──Wリーグについてはあまり情報を持っていませんでした。前職の関係で合流が遅れたこともあり、ゼロからのスタートです。選手たちとコミュニケーションを取りながら、「どんなことができるのか」「コンビネーションはどうなのか」と手探り状態でした。サマーキャンプでベースとなる情報の収集に努めました。

 
Q:選手の個性などの把握はいかがでしょうか? 核になってほしい選手などは?
──他のチームと比べれば、高さや能力的な面で劣っていると言わざるを得ません。それはサマーキャンプの結果を見ても明らかです。ただ、対戦相手によってキーになる選手は代わるでしょうし、戦術やスタイルなども変化すると思います。現時点で誰というわけではなく、対戦ごと...

続きを読む

第18回Wリーグ・ヘッドコーチインタビュー vol.1

2016年9月24日(土)

第18回Wリーグ・ヘッドコーチインタビュー vol.1

本日より全12チームのヘッドコーチインタビューをお届けします!!
第一弾は、今季新規参入の山梨クィーンビーズ!!

山梨 山本亮太HC


Q:トップリーグで指揮を執るのは初めてですが、現在の心境はいかがでしょうか?
──初めての経験で緊張感はありますが、引き受けた以上、1つでも多く勝つことを目標にしています。選手やスタッフ、関係者の皆さんと一緒に頑張っていきたいと思っています。
Q:コーチ歴は青山学院大の女子チームなどを率いてこられました。久々の現場復帰は「ドキドキ」と「ワクワクク」どちらでしょうか?
──まぁワクワクもありますけど、当然、緊張もあります。とにかくチームに貢献できるように頑張りたいですね。
Q:これまでのバスケットスタイル、目指すバスケットを教えてください?
──ディフェンス重視のバスケットです。粘り強いディフェンスから1on1を頑張って切り替えを早くして得点す...

続きを読む

【AKATSUKI FIVE スペシャルインタビュー Vol.15】

2016年9月23日(金)

【AKATSUKI FIVE スペシャルインタビュー Vol.15】

AKATSUKI FIVE 吉田亜沙美選手(JX-ENEOS)


Q:日本代表チームのキャプテンとして、気をつけていたことは何でしょうか?
──ケガをせず、無事に国際大会を終えることでしたが、自分のことは後回しにしても、チームのことを考えるのが一番。今夏の国際大会までは(自分のコンディションを考慮し)上手くセーブをしながら、ゲーム勘だったり、チームの合わせだったりに注意を払っていたんです。「チームに必要なことは何か」「レベルアップすべき点はどこか」と、自分なりの視点でチームを見ていました。



Q:その国際大会は悔しさとやり切った気持ちと半々だと思いますが?
──「楽しかった!」というのが一番です。でも、メダルを狙える瞬間が実際にあったので、そこは悔しいです。ただ、みんなでここまでやって来られた達成感、充実感があります。全員が初めてで良い経験になり、日本代表として自信をつけることができまし...

続きを読む

【AKATSUKI FIVE スペシャルインタビュー Vol.14】

2016年9月23日(金)

【AKATSUKI FIVE スペシャルインタビュー Vol.14】

AKATSUKI FIVE 町田瑠唯選手(富士通)

Q:今夏の国際大会までの日本代表活動で得られたものは何でしょうか?
──自分の持ち味であるスピードが世界で通用した、その実感を得たことが一番の収穫です。


Q:国内合宿や海外遠征を経て、国際大会に臨みましたがどのような準備を心がけていましたか?
──交代で出場することが多かったので、気持ちのつくり方やゲームの入り方を意識するようにしました。また、スタッフから求められていることをしっかりコートで表現することです。


Q:ベンチスタートながら良い流れを呼び込みました。緊張感やプレッシャーはありましたか?
──とにかくボールを持ったら「スピードでボールを運ぶこと」を心がけました。また、自分がリングにアタックすることでディフェンスを引きつけ、そこから空いた味方にパスすることを意識していました。ほどよい緊張感のなかでプレーできたと思いま...

続きを読む

15-16 Wリーグ プレーオフ/ファイナル

2016年3月13日(日)

JX-ENEOS○ 72 vs 59 ●富士通

1Q: 両チームともに1勝1敗で迎えた第3戦。満員の会場の中、試合が開始した。先制点はJX-ENEOS#11岡本のドリブルからのレイアップ。その後第2戦の好調を維持する富士通が#11篠崎、#1三谷が立て続けに3ポイントシュートを決める。JX-ENEOSも#10渡嘉敷のバスケットカウントなどで追い上げ、残り6分頃から一進一退の攻防が続く。残り4分、富士通#1三谷がこの試合3本目の3ポイントシュートを決め、富士通が3点リードする。その後、JX-ENEOSが6得点追加し、17−14、JX-ENEが3点リードしたところで、富士通がタイムアウト。タイムアウト後、JX-ENEOSはゾーンプレスを仕掛け、富士通の得点を許さない。1Q終了直前にJX-ENEOS#0吉田のアシストから#21間宮がゴール下で得点するが、#22中村のファールで富士通にフリースローを与える。富士通#15山本がフリースローを確実に決

続きを読む

  • クリニック

    OG選手たちと一緒に親子で学べます

    基本的なプレーの指導や、保護者や指導者の皆様を対象にケガの予防対策や栄養指導も行なう、総合的なクリニックを開催しています。

    続きを読む

  • サマーキャンプ

    Wリーグサマーキャンプ2015

    試合を通して選手強化を図るとともに、審判の育成に努める。

    Wリーグサマーキャンプは、競技力向上事業助成金を受けて実施されています。

    続きを読む

WJBLショップ

レアアイテム満載!WJBLグッズを豊富にご用意!

公式グッズ、プログラムなどココでしか買えないレアアイテムを扱っています。

第17回Wリーグ/公式プログラム

¥1,200(税込)

第17回(2015-16シーズン)Wリーグ出場選手名鑑、過去の記録など
充実した情報が満載です。

プレー写真購入

選手のプレー写真をコンビニでゲット!!

選手のプレー写真をコンビニでゲット!!

詳しく見る

チケット購入

Wリーグチケットのお求めはコチラから!!

チケットバスケット Wリーグチケット発売中(一部ゲームのみ)

詳しく見る

スコアボード

試合結果がすぐ分かるブログパーツ配信中!!

貼り付けかんたんです!!

詳しく見る

インタビュー

今回のゲストは?

馬瓜 エブリン

ゲストはアイシン・エィ・ダブリュ ウィングス馬瓜 エブリン選手です。

詳しく見る

一覧を見る

WJBL Facebookページ

AKATSUKI FIVE アカツキファイブ

レアな情報をお届け!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

WJBL PARTNERS

Official Sponsors

  • アサヒ飲料
  • モルテン
  • JX-ENEOS

Official Partners

  • アシックス
  • コンバース
  • チャンピオン
  • アンダーアーマー
  • ミズノ
  • ザムスト
  • 全農
  • グランメイト

Official Friend Partners

  • アートジュエリー
  • 東京短資株式会社

Official Links

  • FIBA
  • FIBA Asia
  • JBA
  • B.League
  • JTL
  • TOTO