TOPICSトピックス

2018年5月1日(火)

第19回Wリーグ表彰者【ベスト5/CF】渡嘉敷来夢(JX-ENEOS)

第19回Wリーグ表彰者【ベスト5/CF】渡嘉敷来夢(JX-ENEOS) 第19回Wリーグ表彰者【ベスト5/CF】渡嘉敷来夢(JX-ENEOS)

いつもWリーグに温かいご声援をいただきありがとうございます。

Wリーグ公式WEBサイト特別企画!
先月閉幕した第19回Wリーグにおける「アウォード」および「リーダーズ」の表彰者へ独占インタビューを敢行!
今シーズンの活躍の裏側にあったそれぞれの思いとは・・・

「受賞しなければ”日本を背負う”とか言えませんから――」
6年連続7回目の受賞。そこには、エースとして自らの置かれた立場を自覚し戦う頼もしい姿がありました。

──────────

第19回Wリーグ アウォード表彰者コメント

【ベスト5】センターフォワード部門
渡嘉敷 来夢 (JX-ENEOSサンフラワーズ #10)
※6年連続7回目

──ベスト5の受賞は不思議ではないですね。レギュラーシーズンMVPですからね。
渡嘉敷(以下、T):これまでのキャリアや立場を考えれば、私が受賞しなければならないと思っています。そうでないと、「日本を背負う」とか、「日本を引っ張る」とは言えませんから。私がケガをして、コンディションが最悪で受賞を逃すと言うなら仕方ないですけど、試合に出ている以上はMVPもそうですけど、“タイトルを獲る”ぐらいじゃないと評価されない、そういう気持ちでやっています。もちろん、私だけの力で受賞できるわけではありませんから、チームメイトやスタッフへの感謝の気持ちは強いですが、自分の置かれた立場を考えればそう気持ちが必要だと思います。

──強い気持ちで毎試合臨んでいるということですね?
T:そうです、私がやらなければ、という気持ちは常にありますね。

──今シーズンは、アンダーカテゴリーで活躍した選手たちが入ってきました。マッチアップすることがあったと思いますが、手応えのある選手は?
T:楽しみな選手が増えました。でも私自身、まだまだ負けるつもりはありませんから(笑)。コートに立てば年齢やキャリアは関係ない。私が同じ立場なら、何とかして先輩たちを倒してやろうと思いますし、そういう気持ちで向かってくる選手が好きですね。その中で、私も負けたくないと思いますし、リーグ全体がレベルアップしていくのは嬉しいことです。そういう部分でも楽しみですね。まだまだ抜かされたくない。

──サイズのある選手が増え、インサイドの攻防も激しくなると思います。観る側も楽しみですし、強化の面でも期待が大きいですね。
T:私が伝えられることはどんどん伝えたいですし、日本代表合宿でも声を掛けるようにしています。プレーについて、細かなところでも気が付いたことはアドバイスするように心掛けています。そうすることによって、その選手自身のためにもなりますし、日本の女子バスケのレベルアップにもつながると思っています。リーグでも同じですが、そこはライバルなので、言葉でのアドバイスというより、体を張ったプレーから何かを感じてもらえれば嬉しいですね。

──自分を倒そうという気概のある選手が好きなんですね。
T:私もそうでしたし、今もそこは変わりません。常に上を目指していますから。


▼第19回Wリーグ アウォード表彰者一覧
http://www.wjbl.org/images/topics/1522051959319.pdf

▼第19回Wリーグ リーダーズ表彰者一覧
http://www.wjbl.org/images/topics/1520760549538.pdf