TOPICSトピックス

2018年3月17日(土)特集

プレーオフ最終順位を大予想!〜OGの目・小畑亜章子さん

Wリーグはいよいよ明日からプレーオフが始まります!

毎年恒例のWリーグ・プレーオフ展望HP企画「OGの眼」。
今シーズンのプレーオフは一発勝負ということで、OGの皆様には大阪行き4チームに加え全順位を4連単で予想していただきました!
挑むのは4人のWリーグレジェンド達!

3人目は、デンソーOGの小畑亜章子さんです!

***

3月17日、18日からいよいよプレーオフ・クォーターファイナルが始まり、次の週にはプレーオフ・セミファイナルとファイナルがトーナメント方式(一戦先勝方式)で行われる。
今までとは違い一発勝負なだけにどこのチームにも優勝のチャンスがある。その中でもお正月に行われた全日本バスケ(皇后杯)で優勝したJX-ENEOSがレギュラーシーズンも32勝1敗と頭一つ抜けている。平均得点も89.21とずば抜けて高い数値であるが、それ以上に平均失点も57.30であり、数値からみてもディフェンスが良いという印象がある。やはり優勝候補筆頭。その後の順位はどこが勝ち上がってきてもおかしくないくらいに力が拮抗している状態である。

唯一JX-ENEOSに土をつけたトヨタ自動車は代表経験のある選手が移籍し、チームの戦力アップをはかり得点力はJX-ENEOSに続き2位。かみ合った時のトヨタ自動車の爆発力はすごい。

そして、レギュラーシーズン2位通過のデンソーは年々安定感が増している。今年ナンバーワンルーキーの赤穂ひまわり選手の加入で高さが増し、どこからでも点数がとれ、相手チームからしたら的が絞りづらくなった。そこに加えガードの稲井選手のゲームコントロールがワンランク上がったことがデンソーの安定感につながっている。

注目しているもう一つのチームは2月、3月と上位チームに勝利し、今一番調子を上げてきている富士通である。プレーオフは一戦先勝方式なだけに、今勢いのあるチームは他のチームからすると脅威である。

大胆に順位を予想してみると、
1位 JX-ENEOS
2位 トヨタ自動車
3位 デンソー
4位 富士通

皇后杯ベスト4のチームが今回もセミファイナルへと予想されるが、そこまで大きな力の差はないだけに試合の入り方、流れが大きく勝敗を左右ことになる。この二週間の勝負は選手もいつもとは違う緊張感があり、応援する方も見逃せない試合が続くため、秋田、大阪ラウンド共に注目していただきたい。