TOPICSトピックス

2018年5月1日(火)特集

第19回Wリーグ表彰者【ベスト5/C】高田真希(デンソー)

いつもWリーグに温かいご声援をいただきありがとうございます。

Wリーグ公式WEBサイト特別企画!
3月に閉幕した第19回Wリーグにおける「アウォード」および「リーダーズ」の表彰者へ独占インタビューを敢行!
今シーズンの活躍の裏側にあったそれぞれの思いとは・・・

「"チームが勝つために必要な仕事をする"、それをまっとうするだけです——」
言葉の一つ一つから伝わるチームへの献身的なその姿勢が、6度のベスト5受賞を物語ります。

──────────

第19回Wリーグ アウォード表彰者コメント

【ベスト5】センター部門
高田 真希 (デンソーアイリス #8)
※2年連続6回目

──センター部門で6回目の受賞。チームは(皇后杯もWリーグも)準優勝でした。シーズンをふり返っての感想をお願いします。
髙田(以下、T):新人7人(そのうち5人が高校卒)で、ロスターの半分が入れ替わるほどでした。シーズン前は少し不安もありましたが、確実に戦力アップしていると感じていました。内容的には良かったので、そこは自信も持つことができ、結果として皇后杯とWリーグで準優勝できたと思います。目標は日本一だったので悔しい気持ちはありますけど、大きなタイトル両方で決勝の舞台に上がれたという経験は大きなものになったと思います。

──若手の選手が増えた分、キャプテンとして心配りされたのではないでしょうか?
T:常に声を出し、コミュニケーションを取ろうと思っていました。若手とは言え、どの選手も試合で活躍できる能力を持っていますから、試合に出る準備など、そういう面でサポートするよう心がけていましたね。

──ご自身のパフォーマンスの満足度はいかがでしょうか。得点王やリバウンド王ではなく、”チームのために自分の役目に徹した”ということですね。
T:個人的には「まだまだできる」と感じています。自分で言うのもなんですけど、そういった思いがあるからこそこのタイトルが獲れたのかもしれません。個人タイトルを獲る、という意識はないですし、「チームが勝つために必要な仕事をする」、それをまっとうするだけです。

──日本代表活動との兼ね合いが難しかったと思います。コンディショニングを含め、気をつけていたことがあれば教えてください。
T:シーズンを重ねるごとに小さな痛みを感じることが増えてきました。自分の身体をケアする時間は長くなったかなと思います。

──今年は世界との戦い(FIBA女子ワールドカップ2018)が控えています。意気込みをお願いします。
T:まずは、最終メンバーに選ばれることが重要ですね。日本代表合宿に参加していると、2020年東京オリンピックに向けての強化が進んでいるな、というのを感じることができます。そのオリンピックの前に、世界の強豪とワールドカップで戦えるというのは女子日本代表にとってはすごく大事なことだと思います。みんなの意識として、「ワールドカップでは、何色でもいいのでメダル獲得する」というのが目標になっていますから、今、自分にできることを精一杯頑張って、チームに貢献したいと思っています。


▼第19回Wリーグ アウォード表彰者一覧
http://www.wjbl.org/images/topics/1522051959319.pdf

▼第19回Wリーグ リーダーズ表彰者一覧
http://www.wjbl.org/images/topics/1520760549538.pdf