SCHEDULE/RESULT日程/結果

18-19 Wリーグ プレーオフ セミクォーターファイナル トヨタ紡織 VS シャンソン

対戦カード トヨタ紡織 VS シャンソン
会場 秋田県立体育館
開催日時 2019年2月16日(土)
TEAM 1st 2nd 3rd 4th TOT
トヨタ紡織 19 13 20 24 76
シャンソン 22 14 19 17 72

1Q:序盤は、トヨタ紡織は#9野町、#33長部、シャンソンは#1小池、#11谷村らで点を取り合う展開に。トヨタ紡織は交代で出場した#18佐藤が3Pシュートにミドルシュートにと思い切りの良くシュートを放ち、リズムをつかむ。対するシャンソンは、インサイドの#11谷村を起点に得点。#28落合の3Pシュートも小気味よく決まり、シュートを入れ合った1Qは、22-19と僅かにシャンソンがリードした。

2Q:#23加藤がミドルシュートやゴール下のシュートで得点を重ねるトヨタ紡織。一方のシャンソンも#11谷村のインサイドプレーに#6本川の3Pシュートで応戦。すると、残り5分半に#6本川のドライブからのバスケットカウントや#11谷村のリバウンドシュートでシャンソンが30-26とする。しかし、トヨタ紡織も#25坂本のフリースローや#18佐藤のゴール下、#22井澗のジャンプシュートなどでシャンソンに食らい付いたが、前半は36-32のシャンソンリードで終えた。

3Q:開始39秒、#13畠中のシュートで34-36とし、シャンソンを捉えたいトヨタ紡織だったが、このQではシャンソンの#6本川が爆発。ジャンプシュートにドライブシュートにフリースローにと、次々と得点を挙げてトヨタ紡織を引き離すと、残り4分半を切ったところで45-38と7点リードする。それでもトヨタ紡織は#9野町が連続3Pシュートを沈めて踏ん張る。どちらもタイトなディフェンスを披露する中、#11谷村の高さを生かした攻撃と#1小池の3Pシュートも決まったシャンソンが55-52とリードを保ったまま3Qが終了した。

4Q:4Qはシャンソン#11谷村のバスケットカウントで得点が動き出す。シャンソンは、連続得点で主導権を握ったかに見えたのだが、ここでもトヨタ紡織は一歩も引かず。徐々に点差を詰めていくと、残り6分半の場面で#9野町の3Pシュートが決まり、61-60と逆転に成功。続いて#13畠中のゴール下、#33長部のミドルシュートが決まり残り5分半で65-60とリードを広げた。 シャンソンのタイムアウト後も流れは変わらず。トヨタ紡織は#13畠中の体を張ったリバウンドシュートや#22井澗の要所でのスティールなどが光り、残り3分半には69-62とリードする。だが、シャンソンも#6本川の3Pシュートに落合のバスケットカウントなどで意地を見せ、残り1分を切って70-71と1点差に詰める。だが、トヨタ紡織は#9野町の3Pシュートで勝負あり。シャンソンの追随を振り切り、76-72で勝利を収めた。