TOPICSトピックス

2018年5月1日(火)特集

第19回Wリーグ表彰者【ベスト5/F】宮澤夕貴(JX-ENEOS)

いつもWリーグに温かいご声援をいただきありがとうございます。

Wリーグ公式WEBサイト特別企画!
先月閉幕した第19回Wリーグにおける「アウォード」および「リーダーズ」の表彰者へ独占インタビューを敢行!
今シーズンの活躍の裏側にあったそれぞれの思いに迫ります。

「やることが次々に出てきていますから、楽しいですね。」
今度はシュートモーションのスピードアップに取り組み始めたという宮澤選手、さらなる"進化"が大いに楽しみですね。

──────────

第19回Wリーグ アウォード表彰者コメント

【ベスト5】フォワード部門
宮澤 夕貴 (JX-ENEOSサンフラワーズ #52)
※2年連続3回目

──今シーズンは「3Pシュート成功率」で初受賞。シューターとして存在感を示し、ファイナルでは大崎選手のアクシデントを埋め4番もこなしました。そして、3回目のベスト5です。
宮澤(以下、M):どちらのポジションでも、良い結果を残せたと思います。ただ、世界を見据えた時には4番は厳しい。日本代表のトム・ホーバスHCもそれはわかっていると思いますから、私としては「3番で頑張らなければ」と思っています。

──3P王の受賞コメントでメンタル面の成長に触れていました。それは、皇后杯MVPにもつながったわけですね。
M:あれ、そうでしたっけ!? あっそうか、忘れていました(笑)

──MVP表彰では良い笑顔でしたが(笑)……皇后杯はWリーグのシーズン途中に開催されますからね。シーズンが終わるまで集中が続いていた証だと思います。
M:個人賞をいただくとか、どういう数字を残したとかは、シーズンが終わるまで気にしたことはありません。なので、皇后杯のMVPは中間発表みたいな感じというか……ただ、チームにとっても、自分にとっても良い流れで戦えていたことは間違いありません。リーグの後半戦も自分のプレーに徹することができ「ベスト5」につながったと思います。

──おそらく3P王の中では、(宮澤選手が)最もサイズがあると思います。しかも走れるわけですから、日本の女子バスケでは新しいフォワード像かもしれませんね。
M:サイズ的にはそうかも知れませんし、このサイズでシューターの役割を担えれば、日本代表にとってプラスになると思います。Wリーグやアジアのチームを相手にするなら4番でも頑張れます。ですが、世界が相手となるとそうは行きません。3番としてしっかり仕事をしなければならないと思っていますし、今は、「3番がダメでも4番がある」なんていう考えは通用しません。国内では新しいイメージだとしても、世界へ出れば当たり前にいるプレーヤーの1人ですから、もっともっと上を目指して頑張りたいと思います。

──来シーズンも連続で個人タイトルを、というのは気が早いですよね?
M:タイトル云々はまったく考えていませんが、今度はシュートモーションのスピードアップに取り組んでいます。早くそれを自分のものにして、より速く、正確にシュートを打てるようになりたいと思っています。

──そういう取り組みは、やればやるほど面白くなっているのではありませんか?
M:面白いです。やることが次々に出てきていますから、楽しいですね。これからは一年一年が大切になります。2020年という大きな目標もありますから、もっともっと頑張ります!


▼第19回Wリーグ アウォード表彰者一覧
http://www.wjbl.org/images/topics/1522051959319.pdf

▼第19回Wリーグ リーダーズ表彰者一覧
http://www.wjbl.org/images/topics/1520760549538.pdf