TOPICSトピックス

2019年2月16日(土)試合情報

セミクォーターファイナル勝利チームHCコメント(東京羽田)

第20回Wリーグ・プレーオフ
《セミクォーターファイナル》
勝利チーム ヘッドコーチコメント

 

■棟方公寿 ヘッドコーチ(東京羽田ヴィッキーズ

 

Q.セミクォーターファイナルでの戦いを振り返っていかがでしたか?

A.簡単な試合ではないと予測していましたが、思ったよりも前半が自分たちのペースで進みました。ハーフタイムには「10点差はないと思って戦いなさい」と選手たちには伝えましたが、(後半は)富士通の地力というか、畳み掛ける強さがありました。それでもそれに対して予測をし、3Qで追いつかれた時にも選手を落ち着かせて、ここから自分たちのやりたいバスケット、今までやってきたバスケットをやろうと。#12本橋がいいところでファウルをもらったり、3Pシュートを決めたりして、彼女を中心にチームが最後に形になったと感じています。競ったゲームをものにしたことは、自分たちの成長、自信につながっていくと思います。

 

Q.前半で10点のリードを奪うことが出来た理由は?

A.アウトサイドからアタックし、シュートも確率良く入っていたこと。それと、相手のアウトサイドのシュートが落ちていたので、そこから良い展開で攻められていました。ディフェンスのところでリズムが作れたのだと思います。

 

Q.クォーターファイナルで戦うデンソー戦のポイントは?

A.富士通戦をどう勝ち切るかということしか考えていなかったので、(対策は)全く考えていません。(昨年の102829日に対戦し)2敗はしましたが、1試合は大差、もう1試合は勝負になったので、悔いのないように自分たちのバスケットをしたいです。

ただ、#8髙田のところで連続して点を取られないように、チームでどれだけディフェンスをできるかだとは思います。オフェンスに関しては、そこまで苦手意識はないので、富士通戦のように相手のオフェンスを抑えて、そしてそれをどう自分たちのオフェンスにつなげるか。それができれば我々のペースになると思っています。