TOPICSトピックス

2018年10月5日(金)特集

第20回Wリーグ HCインタビュー vol.2 (東京羽田:棟方公寿)

いつもWリーグに温かいご声援をいただき誠にありがとうございます。

Wリーグ開幕まであと2週間!

Wリーグ開幕企画として、全12チームのヘッドコーチへ独占インタビューを敢行!
来たるシーズンに向けての意気込みや、現時点でのチーム状況に迫りました。

■東京羽田ヴィッキーズ
 棟方 公寿 ヘッドコーチ コメント

 昨シーズンの収穫としては、上位チームと少し手応えのある試合ができたのではないかと思っています。ただ、もっと速いバスケットをやろうとしているので、トランジションなどまだもの足りないところが多いのも事実。どこで勝負するのかと言えば、速さ。特にビッグマンがもっと走れるようになり、そこで得点が取れるようにしなければなりません。女子日本代表がトラジションゲームを浸透させて成功しています。やればできると証明してくれましたから、レベルは違えど我々もさらに追求したいと思っています。
 ディフェンスに関しては、強化不足だったという反省があります。ゾーンで流れを変えようと、いろいろやり過ぎたかもしれません。まずは1on1やディフェンスのローテーションなど、基本となるディフェンスの強化は、今シーズンのテーマの一つです。
 あとはメンタル面。就任当初、最初から諦めてしまっているような印象を受けたこともあり、強化に力を注ぎました。新加入の選手たちの持ち味を上手くかみ合わせていけば昨シーズンより良いバスケットができると思います。
 主力となるのは、日本代表で頑張った#12本橋です。合流は遅れましたが、経験してきたことをチームメイトに伝え、また、身近な選手が目標になるのでモチベーションが高くなり良い刺激になっています。他に期待するのは、新人の#25津村や#6星澤らで、「選手を育てる」という将来的なビジョンも考え、どんどんゲームに使っていきます。
 私自身、1シーズン経験して、方向性は間違っていないと感じています。速いバスケットで通用するところなど、良い面も引き出せました。さらにレベルアップするためには、スピードを活かしたプレーの中でも正確さを求めたい、そうすれば、必ず上位に行けると信じています。選手、スタッフと一緒に手応えを感じながら挑もうと思います。

▼棟方公寿HC プロフィール
http://www.wjbl.org/headcoach/?rs=502&ci=53

▼東京羽田ヴィッキーズ チーム情報
http://www.wjbl.org/team/?bid=14