TOPICSトピックス

2018年10月6日(土)特集

第20回Wリーグ HCインタビュー vol.3 (シャンソン:丁海鎰)

いつもWリーグに温かいご声援をいただき誠にありがとうございます。

Wリーグ開幕企画として、全12チームのヘッドコーチへ独占インタビューを敢行!
来たるシーズンに向けての意気込みや、現時点でのチーム状況に迫りました。

■シャンソン化粧品シャンソンVマジック
 丁 海鎰 ヘッドコーチ コメント

 いろいろと難しい昨シーズンでしたが、自分たちのバスケットをやり通してベスト4に入りました。3位決定戦は勝てた試合だと思うので悔しいですし残念でしたが、選手たちはよく我慢して良い試合をしてくれました。最後まで諦めない気持ちを出し切ってくれたと思います。
 今シーズンに関しては、練習自体は順調ですが、選手が大幅に入れ替わったので、また新しいチームになりました。その点では、今までで一番厳しいかもしれません。昨シーズンを経験したメンバーが1/3ぐらいしか残らず、移籍やルーキーなど6人が新しい選手です。少し力が落ちているかもしれませんが、チームも私も、また新たなチャレンジをします。どんな理由があっても諦めたくないですし、気持ちを込めて頑張って行こうと意欲が湧いています。新しい選手たちも、前向きに盛り上がっています。ディフェンスを頑張って、速い攻撃につなげるという、我々のバスケットそのものは変わりません。
 サイズ的に小さくなりましたから、もっとスピードアップして、オフェンスもディフェンスも速さを武器にし、プレーの質を上げること。特にディフェンスは、いろいろと新しいシステムを取り入れようと考えています。それらがどこまで成功するかがカギになります。新しいメンバーですから、新しい戦術、新しいディフェンスなど、さまざまなことを試しています。もちろん、残った選手たちがチームの中心になりますから、#6本川が先頭に立って引っ張って欲しいと思います。昨シーズンは3位決定戦で負けはしましたが、本当に良い内容の試合ができ、選手たちは自信を付けたところもあると感じています。
 #6本川を中心に、2年目の#28落合にも期待していますし、新しい選手たちがアグレッシブにプレーし、自分の持ち味をどんどんアピールできるようになれば、楽しみなシーズンになると思っています。

▼丁 海鎰HC プロフィール
http://www.wjbl.org/headcoach/?rs=496&ci=10

▼シャンソン化粧品シャンソンVマジック チーム情報
http://www.wjbl.org/team/?bid=11