TOPICSトピックス

2018年10月6日(土)特集

第20回Wリーグ HCインタビュー vol.4 (アイシンAW:一色建志)

いつもWリーグに温かいご声援をいただき誠にありがとうございます。

Wリーグ開幕企画として、全12チームのヘッドコーチへ独占インタビューを敢行!
来たるシーズンに向けての意気込みや、現時点でのチーム状況に迫りました。

■アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス
 一色 建志 ヘッドコーチ コメント

 昨シーズンの開幕前に「強化には時間がかかる」とお話ししました。シーズンの途中からは上位チームと接戦をする試合もありましたが、勝ち星につながらなかったのは残念です。ただ、3シーズン目となり一歩ずつ良い方向へ変わりつつあると感じています。
 今シーズンは、プレーの精度はまだまだ高まっていませんが、昨シーズンより目指すバスケットの意図を理解し、前向きに取り組めるようになりました。ただ現時点では、簡単なミスが目立ち、意図が明確ではない(共通理解が足りない)プレーが多く……そこは1つずつ丁寧に指導を繰り返し、精度が上がってくるのを我慢しなければなりません。身体能力はさほど遜色はないはずなので、このチームの成長はプレーの質を高めることに尽きます。少しずつですが、着実にステップを踏み、良いチームになってきています。
 少し気がかりなことがあるとすれば、昨シーズン頑張った2年目の選手たちが考え過ぎというか、ルーキーの頃の思い切りの良さがなくなっているかもしれません。逆に中堅クラス、#15濱口、#12白、#11近平らは責任感が強くなり、ますます存在感が増してきました。2年目の選手たちが委縮せずにプレーしてくれれば、昨シーズンの経験が活きてくるはずです。それと、インサイドの3人はタイプが違いますから、対戦相手によって持ち味を発揮してくれると期待しています。フォワード陣では#14板谷が良くなったので、そこに#18宮下が絡んでいくイメージでシーズンに臨みたいと思います。
 まずは8強入り。試合数が少ないですし、プレーオフは一発勝負から始まります。いかに良いコンディションで上位チームと対戦できるか。まだ波はありますが、確実なパフォーマンスが発揮できるようにしたいと思います。

▼一色建志HC プロフィール
http://www.wjbl.org/headcoach/?rs=501&ci=68

▼アイシンAWウィングス チーム情報
http://www.wjbl.org/team/?bid=10