TOPICSトピックス

2018年10月7日(日)特集

第20回Wリーグ HCインタビュー vol.6 (新潟:小川忠晴)

いつもWリーグに温かいご声援をいただき誠にありがとうございます。

Wリーグ開幕企画として、全12チームのヘッドコーチへ独占インタビューを敢行!
来たるシーズンに向けての意気込みや、現時点でのチーム状況に迫りました。

■新潟アルビレックスBBラビッツ
 小川 忠晴 ヘッドコーチ コメント

 昨シーズンはサマーキャンプから開幕に向け、ポイントガードに据えた#1宮坂の活躍に期待していました。ところが開幕1カ月ほど前に膝のケガで1シーズン棒に振ることに……それが大きな誤算になりました。コンバードで新たな役割を与えた選手もいますし、全体のバランスの再構築をしなければならず、苦しいシーズンに。サマーキャンプはイメージ通りで、#16山澤と#1宮坂のコンビは面白い、そう思っていただけに残念です。ただ、悔しい思いをしたのは#1宮坂本人ですし、今シーズンは頑張ってくれると思います。
 今シーズンも開幕前はケガ人に悩まされ、練習量が十分だったかと言えば正直そうではありません。ケガの回復やリハビリをしっかり確認し、選手自身が焦らないよう気をつけています。いかにチームコンディションを万全の状態に戻していけるかが、シーズンを戦う上で重要だと考えています。 
 今シーズンはオフェンスの質を上げるのは当然ですが、#1宮坂を中心としたバスケットで勝負したいと思っています。彼女が得意とするアップテンポのバスケットを活かしながら、周りの選手もランニングプレーやカッティングのプレーなどを増やすようにしたいです。彼女がいることで、その狙いが上手く行くことを期待しています。ディフェンスではゾーンやチェンジング使い分けを考えています。
 #1宮坂以外の選手、主力組の活躍はもちろんですが、それ以外の選手もチャンスをつかむようアグレッシブなプレーをして欲しいと思います。主力の活躍に加え、プラスαの力が発揮できるように準備を進めていますので、個々のパフォーマンスの向上が楽しみです。#0飯島などは今までにないタイプですし、ルーキーの#5中山も面白い存在になる可能性があります。選手たちは身体能力が豊かですから、良いパフォーマンスを発揮してくれると思います。

▼小川忠晴HC プロフィール
http://www.wjbl.org/headcoach/?rs=504&ci=70

▼新潟アルビレックスBBラビッツ チーム情報
http://www.wjbl.org/team/?bid=36