TOPICSトピックス

2018年10月10日(水)特集

第20回Wリーグ HCインタビュー vol.11 (三菱電機:古賀京子)

いつもWリーグに温かいご声援をいただき誠にありがとうございます。

Wリーグ開幕企画として、全12チームのヘッドコーチへ独占インタビューを敢行!
来たるシーズンに向けての意気込みや、現時点でのチーム状況に迫りました。

■三菱電機コアラーズ
 古賀 京子 ヘッドコーチ コメント

 昨シーズン、上位チームとの試合では惜しい試合が多く、詰めが甘くてイージーシュートのミスやターンオーバーが出てしまい、あと一歩というところで勝つことはできませんでした。そういったところが上位チームとの差だと痛感し、日頃からハイエナジーで練習に取り組んでいます。ただ、選手たちは自信を深めた部分があると感じています。負けた悔しさを忘れないように強調し、技術的な差というより、精神面で厳しくプレーできるよう追求しています。
 目指すバスケットは変わらず、アグレッシブなディフェンスからトランジションを多くし、コンビネーションを活かして得点するスタイルです。個々の能力を活かしたコンビネーションプレーをつくり上げたいと思っています。
 日本代表で活躍した選手たちの合流が遅れましたが、代表組不在のサマーキャンプで若手の成長が見られたのはプラスの要素。#7篠宮や#15西岡、#10見崎らは着実にステップアップしています。また新人3名(#1竹原、#2那須、#3永井)もチームに馴染んできており、昨シーズンのチーム力をベースに、期待が持てると実感しています。
 代表組に関しては良い経験をさせてもらっていますし、準備期間はどのチームも同じですからあまり心配はしていません。経験してきたことをチームに還元してほしいと思っています。精神面もですが、実際のプレーについて体で表現する部分もあるでしょうし、言葉で説明できることもあるでしょう。特に、#4根本はチームでは中堅ですから、このタイミングで代表を経験し、もう一度学んだことを踏まえてチームを引っ張ってほしいですね。
 また#4根本に限らず、エースの#45渡邊、キャプテンの#9小菅にも期待しています。彼女たちはプレーでチームを引っ張って、しっかりまとめてくれると思います。上位チームからの勝ち星を上乗せし、何としてもベスト4。そしてファイナルを狙いたい…具体的な目標を掲げてシーズンに臨みたいと思います。

▼古賀京子HC プロフィール
http://www.wjbl.org/headcoach/?rs=498&ci=69

▼三菱電機コアラーズ チーム情報
http://www.wjbl.org/team/?bid=18