TOPICSトピックス

2019年9月26日(木)特集

第21回Wリーグ HCインタビュー vol.11 (三菱電機:古賀京子)

いつもWリーグに温かいご声援をいただき誠にありがとうございます。

Wリーグ開幕企画として、今シーズンも全12チームのヘッドコーチへ独占インタビューを敢行!
来たるシーズンに向けての意気込みや、現時点でのチーム状況に迫りました。


~ファイナルで感じた「スキのなさ」を追求~



 三菱電機コアラーズ【昨季準優勝】
 古賀 京子(こが きょうこ)ヘッドコーチ
 

 昨シーズンの準優勝は、最後まで諦めず、チームとして戦い続けられた結果だと思います。常にコミュニケーションを絶やさず、選手一人ひとりの役割分担を明確にしながらプレーすることができました。特にシーズン後半は粘り強く、我慢して戦える時間帯が長くなったので、それがチームの成長だと感じました。

 残念ながらファイナルでは敗れましたが、初の舞台で選手たちも緊張したと思います。2戦目は「とにかくやるしかない、自分たちのスタイルで挑もう」と気持ちを切り替え、モチベーションを上げて臨めたのは良かったと思います。素晴らしい舞台に立たせていただいたことで、選手たちの自信に繋がりました。またチーム、個人に足りないことが「スキのないバスケット」という部分であると明確化できました。それもファイナルだからこそ見えた部分なので、今はその課題に対する意識を高く保てています。

 ファイナルを経験した選手は代わらないので、今の力をもう一段階上げることが求められます。また若手選手の成長にも期待していると同時に彼女たちの力をもっと引き出せるようにしたいと思います。#1竹原、#3永井、#7篠宮、#10見﨑、#27田代らが急成長しているので、新たなコンビネーションを作ることができ、チーム力もレベルアップしていると感じています。

 あとは課題としている、「スキのないバスケット」ができるかどうか。そこは選手たちも、我々スタッフも全員が感じたところなので、どう表現すればいいのか、自分たちのリズムにどうやって持ち込んで行けばいいのか、そういうところを常に意識して練習中から取り組んでいます。

 昨シーズン明確化できた役割分担をさらに一歩進め、ポジションにこだわらないプレー、(役割が明確になった分)ベースは変えず、それぞれの領域を広げながら、変化していきたいと考えています。ファイナルに出場したことでモチベーションは上がっていますし、一度経験したことを強みにして今シーズンに臨みたいと思います。



▼古賀 京子HC プロフィール
https://www.wjbl.org/headcoach/?rs=551&ci=69

▼三菱電機コアラーズ チーム情報
https://www.wjbl.org/team/?bid=18