TOPICSトピックス

2019年9月25日(水)特集

第21回Wリーグ HCインタビュー vol.10 (トヨタ自動車:モンデーロ)

いつもWリーグに温かいご声援をいただき誠にありがとうございます。

Wリーグ開幕企画として、今シーズンも全12チームのヘッドコーチへ独占インタビューを敢行!
来たるシーズンに向けての意気込みや、現時点でのチーム状況に迫りました。


~日本とスペインの良さを融合~



 トヨタ自動車アンテロープス【昨季3位】
 ルーカス モンデーロ ヘッドコーチ
 

 2009年、U-19女子ワールドカップ(inタイ)で初めて顔を合わせ、その後も対戦しているので日本の女子バスケットは十分認識できていると思います。日本はオリンピックのファイナリストになれるチームだと思いますし、まだ結果を残せていないことが衝撃的で、それはまだアクセルを踏みきれていないだけでしょう。

 今回オファーを受諾したのは、提案されたプロジェクトが魅力的で、若手が多いこのチームを指導し、成長に導くことが新たな挑戦だと思ったからです。アンテロープスの成長は、日本代表にもメリットがあると確信しています。もちろん、『TOYOTA』は世界に誇る大企業ですから、そこで働きたくないという人はいないでしょう(笑)。もう一つ、決め手となったのは、家族です。結婚し、日本に家族がいます。日本に長く住みたいと思っていますし、私にとって家族はとても大切な存在なのです。

 私が目指すバスケットには、数多くの国でヘッドコーチを経験した上での大事なキーワード、「馴染むこと」と「進歩すること」があります。日本のスタイルにはたくさん良い面があり、選手たちが日本人だということを忘れてはいけません。日本人のスタイルに馴染みながら、日本とスペインの良いところを組み合わせ、アンテロープス独自のスタイルを生み出していきます。それが、魅力的だと感じられるようなスタイルであってほしいです。

 また、日々気づかされるのは何よりも大事なのは選手たちだということ。選手たちが学び、チーム全体が上手く機能するには、「失敗を恐れずに自分の才能を全面に出せること」。「状況を把握し、意思決定できる能力を身に付けられるよう指導をすること」が重要です。その他、戦術面や技術面ではない要素として「感情抑制」、つまり「切り替えができる選手」であることも求められます。ミッションをクリアするには長い期間が必要ですがチームは日々進化し、リーグ戦終了時は別のチーム力を備えて終えるに違いありません。観て楽しいバスケットをファンの皆様に披露していきたいです。VAMOS!!



▼ルーカス モンデーロHC プロフィール
https://www.wjbl.org/headcoach/?rs=550&ci=77

▼トヨタ自動車アンテロープス チーム情報
https://www.wjbl.org/team/?bid=13