TOPICSトピックス

2019年9月25日(水)特集

第21回Wリーグ HCインタビュー vol.09 (デンソー:ヴクサノヴィッチ)

いつもWリーグに温かいご声援をいただき誠にありがとうございます。

Wリーグ開幕企画として、今シーズンも全12チームのヘッドコーチへ独占インタビューを敢行!
来たるシーズンに向けての意気込みや、現時点でのチーム状況に迫りました。


~高いプロ意識で、戦術を吸収~



 デンソーアイリス【昨季4位】
 ヴラディミール ヴクサノヴィッチ ヘッドコーチ
 

 私が知っていた日本の女子バスケットといえば、日本代表のプレースタイルとその選手のこと、あとはWリーグに外国選手枠がないという情報ぐらいでした。今回、HCを引き受けることにしたのは、オファーを頂くというのはとても光栄なことであり、何よりもヨーロッパとはまったく異なる文化の国でコーチングができるというチャレンジに惹かれたからです。私は現在セルビア代表のアシスタントコーチも兼務していますから、代表のヘッドコーチ、それからルカ・パヴィチェヴィッチ氏(アルバルク東京ヘッドコーチ)にも相談をしました。2人からは、「素晴らしい経験になるから」と後押しされましたが、それ以上に決め手となったのは、デンソー関係者との直接の話し合いです。彼らの真剣さに心を惹かれ、チームの将来に向けたビジョンはとても共感できるものでした。

 もちろん私自身のバスケットスタイルはありますが、それをそのまま適用しようとは考えていません。最も重要なのは、アイリスの選手たちをしっかり見極め、適用できるもの、できないものを判断することです。就任当初は、選手たちも少し混乱した時期がありましたが、上手く適応してくれました。選手たちの反応はとても良いと感じています。私たちは毎日ハードな練習を重ねながら、ディテールにも着目しています。選手たちは、高いプロ意識を持ち、戦術を吸収してくれており、とても満足しています。

 私は、日々、真剣に練習を重ね、練習を通して選手として上達するとともに、人として成長することを望んでいます。そして、全員が力を合わせれば強いチームになります。選手一人ひとりがチームに貢献してくれると確信しています。誰がコートに立っていても、我々は目標に向かって常に全力で戦うことをお約束します。

 ファンのみなさんには“勝つチーム”をお見せしたいです。「デンソー」の名前を胸に戦っていますから、それに値するプレーをお見せします。そのためにはディフェンス力が不可欠です。強くてアグレッシブなディフェンスを披露したいと思っています。


ヴラディミール ヴクサノヴィッチ HC プロフィール
https://www.wjbl.org/headcoach/?rs=549&ci=76

▼デンソーアイリス チーム情報
https://www.wjbl.org/team/?bid=12